薬剤師の地方公務員の仕事内容は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の仕事内容は?

薬剤師の地方公務員の仕事内容は?

地方公務員として活躍している薬剤師の方も多くいます。地方公務員としての薬剤師の仕事はどのようなものなのでしょうか?基本的に薬剤師の勤務先として多いのは、都道府県庁もしくは保健所における業務になります。ここでは、都道府県庁と保健所における薬剤師の役割についてみていきましょう。まず都道府県庁に勤務する薬剤師の業務は、医薬品の安全な供給がなされているかどうかの監視になります。医薬品や化粧品を販売しているメーカーに対して、製造や販売についての相談や申請に対する許可業務を担当します。また製造している施設に立ち入り調査をすることもあります。製造に関する基準が設定されているので、基準を満たしているかどうか、当初のマニュアル通りの製造をしているかどうか調査します。

保健所勤務になると、いくつかの部署が施設内に用意されています。公務員薬剤師はそのいずれかの部署に配属されて、与えられた仕事をこなしていきます。部署は都道府県によって多少異なりますが、多種多様な部署の用意されている所が多いです。このため、幅広い分野の業務を担当すると思ってください。

まずは薬事衛生の関係の業務があります。新規の調剤薬局の開設許可業務を行います。また管轄内にある薬局に立ち入り検査を行って、業務上問題のある個所はないかもチェックします。その他には薬物乱用防止のための啓もう活動にも取り組みます。最近では覚せい剤や麻薬、脱法ハーブなどは繁華街に行けば比較的簡単に手に入るエリアもあります。若年層、特に子どもへの薬物汚染も深刻視されていますので学校で講演活動を任されることもあります。

環境衛生を担当する仕事を任されるケースもあります。保健所の管轄しているエリアにある理美容室や動物を取り扱っているペットショップ、公衆浴場、プール、水道といった環境衛生に関係する施設の開業許可や監視をします。食品衛生担当の部署もあって、飲食店の出店にまつわる許可業務や監視を行います。集団食中毒などが発生しないように衛生管理の徹底を、店のスタッフに指導します。このような職場、保健所における部署ですが自分の希望通りの所に配属されない可能性があります。しかも配属を命じられたらそこでずっと仕事するわけではありません。通常は、大体3年くらいのサイクルで職場がどんどん変わっていきます。このため、長く公務員薬剤師を担当していれば、いろいろなジャンルの知識やスキルを身に着けられるメリットもあるわけです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.