薬剤師の地方公務員の離職率は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の離職率は?

薬剤師の地方公務員の離職率は?

地方公務員の薬剤師なら将来的にも安定性がありますし、休日や勤務時間などの労働条件にも恵まれていて、さらに休業制度や手当など福利厚生も充実しているので全ての面でハッピーと周囲からは見られます。しかし実際に地方公務員の薬剤師として勤務することは、周りが考えているほど全ての面で良いと言えるわけではないのです。地方公務員の薬剤師の業務内容は、比較的裏方的な仕事が多くて薬剤師としてのスキルが必要なくても良いと感じてしまうことも少なくありません。その為に、地方公務員の薬剤師としての仕事にやりがいを感じられなくなり、調剤薬局や病院などの民間企業に戻ってしまうケースも見られます。

また公務員は安定した昇給なのである程度の勤続年数を重ねると給料に関しても満足できるのですが、若いうちは手取りが少なくて不満に感じてしまうこともあります。それから意外なことに、一般公務員と比較して薬剤師の給料は少し低めになっているのです。平均月給で比較してみると、一般公務員が約38万円なのに対して薬剤師は約37万円なのです。それから年齢別で比較すると若いころは薬剤師の方が高くなっているのですが、30代後半から40代前半になると逆転してしまい、50代になると一般公務員が約57万円なのに対して薬剤師は約46万円です。このように同じ公務員であっても給与に差かあると、職場に対する不満になってしまうことも少なくありません。

地方公務員試験に合格すると採用されることになりますが、地方自治体における薬剤師の職場や業務内容は非常に幅が広いため、公立病院の薬剤部や本庁など配属先がたくさんあります。その為に、採用されたとして自分が希望する通りの職場に配属されるとは限らないのです。どこに配属されてもそのポジションに適応する能力が地方公務員の薬剤師には求められることなのですが、人によっては適応できないケースもあります。

このようなことから退職を考える地方公務員の薬剤師もいます。ただ薬剤師の離職率に関しては参考になる正確なデータがありませんし、特に地方公務員の薬剤師に関しては地方公務員という枠で捉えられてしまうことが多いので、地方公務員の薬剤師の離職率に関して分からないのです。そのような状況ですが地方公務員の薬剤師の退職者は少ないと言われているので離職率は低いとされています。退職する理由は人それぞれでしょうが、地方公務員の薬剤師として働くことにはメリットもあればデメリットもあることを理解しておくことも大事なことです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.