薬剤師の地方公務員の初任給は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の初任給は?

薬剤師の地方公務員の初任給は?

薬剤師の就職先の中の一つに、地方公務員という選択肢があります。地方公務員になろうかどうかで迷っている人の中には、民間と比較して給料がいいのかという点で悩んでいる人も多いでしょう。地方公務員として仕事をした場合、都道府県ごとに違いはあるものの、薬剤師の初任給は18万円程度になるのではないかとみられています。病院に薬剤師として就職した場合には、これに似た給料であることが多いです。これに対して調剤薬局や製薬会社などの民間企業に就職した場合、初任給から30万円を超えるような所もあるといわれています。調剤薬局や民間企業に就職した場合と比較すると、あまり多くの給料は期待できないと思いましょう。

年収で見てみると、地方公務員の薬剤師は平均して初年度が340万円程度になるとみられています。調剤薬局に薬剤師として就職した場合、平均年収は400万円程度です。このようにしてみると、スタートの段階はあまり報われない仕事のように見えるかもしれません。しかしあくまでも最初の段階では、という但し書きが入ります。公務員としてキャリアを重ねていけば、年収もどんどんアップします。また役所内で昇進をしていけば、責任ある仕事を任される可能性も出てきます。そもそも薬剤師公務員は、地域のために仕事をしている側面があります。その意味では、やりがいのある仕事とも言えるでしょう。

そして薬剤師公務員の大きな魅力は、将来にわたって安定した経済基盤を築けるところにあります。調剤薬局や病院、一般企業に勤めた場合、会社の倒産や店舗の閉鎖という可能性があります。そうなると、また別の所に就職先を求めないと、収入が得られません。若いころに自分の勤めている所がダメになってしまっても、比較的再就職先を見つけるのは簡単かもしれません。しかしある程度年齢を重ねたところで会社都合によって離職せざるを得なくなってしまった場合、再就職先を見つけるのはいかに専門的なスキルを持っていても難しいでしょう。公務員の場合、働いている所が倒産するということはまずありえません。このため、将来にわたって給料を得られる可能性は高く、安定した生活が送れます。

日本は長らく不景気の状態が続いています。このような不景気の状況の中では、多く稼ぐよりも安定性を重視する人が増える傾向があるようです。このため薬剤師の中にも、地方公務員を志す人が多くなって、人気の就職先になるわけです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.