薬剤師の地方公務員の自己PRは?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の自己PRは?

薬剤師の地方公務員の自己PRは?

薬剤師の地方公務員になるに当たっては、成績が重視されます。薬剤師の仕事には精確さが求められ、薬の使い方に対する責任があるからです。しかし、当然の話ですが成績が良ければそれだけで通るものでもありません。成績は良かったけれど、面接で落ちてしまうケースは少なくないのです。多くの薬剤師の就職に当たっては、人間性を見るために面接が重要視されています。面接においては、最低限身だしなみを整えて自己アピールを行いましょう。

薬剤師という仕事自体が極めて高い責任感を求められる仕事です。調剤の仕事を行うのなら、当然わずかのミスが事故に繋がるために精確に行う必要があります。地方公務員として仕事を行う場合、保健所などで薬事衛生の立ち入り業務を行うこともあるでしょう。その際に必要となるのが責任感なので、それを伝えるためには、礼儀正しいあいさつやはっきりとした話し方をするとよいでしょう。志望動機についても、単に待遇面だけで話を進めるのは推奨できません。それ以外に動機があった方が、より信頼は増します。具体的な志望動機を分かりやすく伝えることが、面接において誠実さを伝えることになるでしょう。

自己アピールの基本は、採用側に対して実際に働いている姿をイメージさせることです。そこで、自分の経験と薬剤師としての仕事を関連させて語ると良いでしょう。そのためにも、採用情報を調べて具体的にどのような仕事を与えられるのか、調べておくことも必要です。薬剤師の地方公務員は、いくつかの部署のどこかに配属され、そこで働く形になります。幅広い分野において仕事が求められるため、自分の経験を活かせそうな仕事をピックアップするだけでも有利に進めることが出来るでしょう。アピールポイントは多すぎるのもよくありませんが、複数用意しておけば面接官の琴線に触れるものが出る可能性は上がります。可能であれば2〜3個用意しておくと、安心して面接に向かうことが出来るでしょう。

採用側は自己アピールを通じて、熱意を調べるために行います。また、持っているスキルを仕事に役立てることが出来るかというものもあります。民間の薬剤師としての経験があれば、それをアピールするのも良いでしょう。ただし、民間の薬剤師に求められる仕事と比べて、地方公務員の薬剤師が行う仕事は広範囲にわたります。薬剤師の経験のみで自己アピールを行うと、好印象を与えづらいかもしれません。より幅広い範囲の分野で行うのが理想的です。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.