薬剤師の地方公務員のやりがいは?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員のやりがいは?

薬剤師の地方公務員のやりがいは?

薬剤師としての専門分野の知識や技術を活かし地方公務員として活躍できる職場は、地域医療中で大きな役割をはたしている公立病院だけでなく様々あります。都道府県庁や市町村などの薬務課勤務や環境衛生・食品安全など様々な業務に関わって地域住民の生活をサポートする保健所などもあります。また、国民の健康を守って安全で衛生的な生活ができるように研究をする衛生研究所も地方公務員の薬剤師として活躍できる職場です。

このように、通常の調剤薬局・ドラッグストア・民間経営の病院などで働くのとは違って、患者やお客との直接的な接点がなく、舞台裏を支える裏方的な仕事をする職場が多いです。しかし、地域医療や地域住民の健康を様々な立場から管理・促進していく仕事になるので、確実に地域貢献できているという実感が地方公務員の薬剤師にとって大きなやりがいにつながっています。また、地方公務員の薬剤師として働く場合、仕事内容も幅広くて単に調剤だけでない業務が多いことから、薬剤師としてのスキルやキャリアをアップできることもやりがいになります。

それから地方公務員ということもあって、給与や待遇について安定性があることや将来的にポジションが約束されている点などメリットがあります。また、社宅が整備されていたり、産前産後休暇・育児休暇・介護休暇など休暇制度が取得しやすかったりと、福利厚生が充実している点も地方公務員として働く利点です。このように恵まれた環境で働くことができることも、仕事をするためのやりがいにつながっていくことです。

地方公務員の薬剤師ですが、やりがいやメリットが多く感じられる一方で、異動や転勤、転職などで職場が変わると業務内容が全く異なって、一から覚えなければならなくなり、初心者扱いされることも少なくありません。その為、新しいことをいち早く吸収する努力が必要になりますし、様々な面で我慢強く対応していくことも必要になってきます。そうした苦労をすることもあって、やりがいを感じられないので地方公務員の薬剤師を辞めて転職する方もいます。どのような職場や業務内容にも共通して言えることですが、周囲から恵まれた職場環境・業務内容のように見えても、本人にとってはやりがいを感じられない場合もあるのです。地方公務員の薬剤師になることを今後目指す方は、その点をしっかりと理解しておくことが大切で、そうしないとせっかく難関の公務員試験に合格して採用されたとしても後悔することになってしまいます。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.