薬剤師の地方公務員の倍率は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の倍率は?

薬剤師の地方公務員の倍率は?

大学を卒業後すぐに薬剤師の地方公務員を目指す人もいますし、病院や調剤薬局など機関で薬剤師として働いていて地方公務員を目指す人もいます。薬剤師として地方公務員になるためには、地方公務員試験に合格する必要があって、受験者にとって試験の倍率は気になる点です。地方公務員は雇用の安定などから人気が高くて、職種によって事情は違いますが10年以上前の倍率は25倍程度と物凄く高かったのです。しかし、直近5年程度の状況を見てみると意外にも倍率が下がってきていて、8倍〜15倍程度と言われていて、ここ数年は約10倍程度の倍率で推移しています。ただ、いくら倍率が下がったと言っても倍率はまだまだ高く地方公務員試験に合格することは難しいと考えられます。

このように狭き門となってしまう理由は、薬剤師が地方公務員として勤務する場所は、各自治体が保有している医療機関に就業するのが一般的で、その勤務先は限定されていて、求人自体がとても少なくなってしまうからです。その結果、少ない求人数に多くの希望者がいるために倍率が高くなってしまい難易度をアップしていると言えるのです。ちなみに、薬剤師が地方公務員として勤務する場所としては、薬事衛生に関する業務・食品衛生に関する業務・環境衛生に関する業務を行う保健所があります。その他には、大気汚染対策・騒音対策・土壌汚染など環境対策に関連した業務を行う環境関連部署、メーカーが製造する商品などを検査して安全を確認する衛生研究所なども勤務先になります。各地方自治体が運営する市町村立や都道府県立の病院に勤務して、薬の調剤や服薬指導などをする仕事もあります。

地方公務員の採用試験は各地方自治体で違いますし求人数にも違いがあるため、採用試験の倍率も地方自治体によって異なります。自分が希望する地方自治体のホームページなどを確認して、求人数や配属先など求人情報の内容を確認するように心がけると良いでしょう。また、過去の求人倍率などの情報をチェックすることで、受験する時の求人倍率の参考にすることもできます。

民間の調剤薬局や病院などの薬剤師の求人倍率は約2〜3倍程度と言われていて、薬剤師の方が勤務先を選べる余裕があって、中には求人募集をしても応募者が集まらないという施設も少なくありません。それに対して地方公務員の薬剤師となり保健所に勤務する求人では、その倍率が5倍〜多いと8倍程度にもなると言われていて、一般の求人倍率と比較すると高くなっていることが分かります。このように高い倍率になることを理解して、公務員試験に臨む必要があります。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.