薬剤師の地方公務員の昇給は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の昇給は?

薬剤師の地方公務員の昇給は?

薬剤師の給料はどこの職場で仕事をするかによって、昇給のペースも変わってくる傾向があります。調剤薬局やドラッグストアに就職する薬剤師は多いですが、最初の給料はかなりいいです。店や地域によって若干の違いはあるものの、若い段階で年収500〜600万円程度稼いでいる人も少なくありません。一見するとかなり割のいい職場と思うかもしれませんが、その後の昇給は鈍いです。なかなか給料が上がらず、年収700万円前後で頭打ちになってしまう傾向が見られます。ドラッグストアの場合、キャリアを重ねて店長になるという方法もあります。店長になれば、年収で800万円を超えるような待遇で仕事もできるかもしれません。

公務員薬剤師の場合、地方公務員は決して初任給は恵まれていません。月給で見てみると地方公務員の場合、20万円を超えることはあまりありません。18万円前後といったところが相場です。しかしそこから昇給していくので、キャリアを重ねていくと給料も徐々に上がっていきます。30歳くらいになると月給は25万円くらい、35歳で30万円前後、40歳で35万円、50歳になって40万円を超えて42万円くらいになります。1年に5000〜7000円程度の昇給があると思ってください。肩書が上になってくると、給料もアップします。主任から係長、課長補佐、課長、部長と昇進すると給料がよくなります。しかしそれでも年収700万円とか店長になれば800万円稼げるような調剤薬局やドラッグストアと比較すると額は少ないような感じがするかもしれません。しかし公務員の場合、表向きの給料とは別の収入もあるので、そこを見落とさないようにしてください。

公務員薬剤師の場合、いろいろな手当のつく可能性があります。地方公務員の場合、扶養手当もボーナスの中に含まれていることもあるようです。このような各種手当をすべて加味すると、50歳で年収は800万円を超えてくるでしょう。決して民間の薬剤師として仕事をしているよりも待遇の面で引けを取りません。プラスして、公務員の場合退職金も発生します。調剤薬局やドラッグストアの中には退職金を出さない所も増えていますし、出たとしてもそれほど多くの退職金の出る所は少ないです。しかしずっと公務員として活動をしてきた薬剤師が退職するときには、2500万円程度もらえることもあります。トータルで考えてみると、公務員薬剤師はかなりうまみのある仕事とも言えます。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.