薬剤師の地方公務員の残業は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の残業は?

薬剤師の地方公務員の残業は?

薬剤師にとって体力は大事なファクターです。立ち仕事が多い仕事である上に、体力が落ちていては自身が体調を崩してしまいます。そこで、休養はしっかりと取り、残業も避けるようにしたいところです。幸いなことに、薬剤師の地方公務員はそうした休日については保証されています。多くの場合、土日祝は休みとなっており、無理な出勤を行うことは多くありません。では、残業時間はどうでしょうか。

これについては一概に言えないところがあります。薬剤師の地方公務員が働く場所によって差があり、職場によっては残業が発生するケースがあります。残業が多い場所は、基本的に人が少ないので残業が発生するというパターンです。仕事量に対して人が少ないので、一人あたりに課せられる仕事が増え、結果として残業が増えてしまいます。しかもこうしたパターンの場合、耐え切れず人が辞めてしまうため、改善されることはあまりありません。地方公務員の場合、転勤や異動は基本的に断ることが出来ないものです。事前に情報を収集しておき、身を守ることが必要になるでしょう。民間の薬剤師だと残業を行う所は少ないので、こうした点は大きな差と言えるでしょう。

とは言え、原則の話をすると薬剤師の地方公務員も積極的に残業が発生するわけではありません。人がそろっている勤務地であれば、定時であがることが出来るでしょう。こうした勤務地であるのなら、カレンダー通りの休みを得ることも出来ますし、有給休暇も取得することが出来ます。緊急を要する案件が発生した時のみ、残業が発生するというケースが基本です。仕事とプライベートを両立させることは難しくありません。先に書いた通り、異動が発生した場合には断ることは困難です。しかし、その前に希望を伝える機会はあります。前々から予防線を張るのが一番の対策と言えるでしょう。普段の勤務態度さえ真っ当なものであるのなら、無茶な所への異動を課せられることも無いはずです。

そんな中で、保健所や国公立病院に勤務する薬剤師は、比較的異動が少ないです。なので、残業の多い職場への異動を避けたいのなら、そうした場所を希望するのも一つの手段でしょう。地域と密着して仕事を行う機会が多いため、そこでやりがいを得ることも出来ます。薬剤師の仕事は健康を守るための仕事で、仕事には誠実さと責任感を求められるものです。それを守るためにも、自分がどのように働きたいかの希望を伝えることはなにも間違っていません。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.