薬剤師の地方公務員の志望動機は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の志望動機は?

薬剤師の地方公務員の志望動機は?

薬剤師の公務員試験では人物試験として、面接試験を導入している都道府県が多いです。その他にも教養や専門等の筆記試験もありますが、多くの都道府県で面接試験をはじめとした人物試験を重視する傾向があります。ですから、面接でいかに自分をアピールできるかが公務員試験突破のための鍵になるでしょう。面接試験は、ほかの会社の採用試験と通じるポイントもあります。たとえば、薬剤師としての自分をアピールする質問がなされる傾向がありますが、そこで志望動機などもきちんと事前にまとめておいた方が、スムーズに面接試験でも受け答えできるでしょう。

志望動機の基本的な内容ですが、自分の薬剤師としての専門的な知識やスキルをアピールしていきましょう。もし既卒でほかの所で薬剤師として活動した経験があれば、その実績や経験をアピールする方法もあります。その上で、自分が今までに培って来た能力を生かして住民に対して情報提供を行って、健康を守り、末永くその人らしい生活を送ってもらうための手助けをしたいという内容になるでしょう。

そしてどんどん新しい知識なども取り入れる熱意も志望動機の中でアピールしていきましょう。医薬品などは、今でもそして今後もいろいろと新薬が開発される可能性は極めて高いです。決して今までの知識だけがあれば安泰というわけではありません。このような新しい医薬品などの情報も常にアンテナを張って、ただ取り入れるのではなく正しい情報なのかを分析して、必要な情報だけを取り入れ住民に還元していく姿勢をアピールしていきましょう。公務員とは、住民のために仕事をしています。そのことを意識させるような志望動機を作成すれば、面接官に対して効果的なPRになるはずです。

中には、具体的に「本庁で仕事をしたい」とか「保健所で仕事をしてみたい」などの部署に関する希望を持っている人もいるかもしれません。しかし公務員薬剤師の特徴として、それぞれの自治体の都合で配属される傾向のあることは頭の中に入れておきましょう。このため、自分の希望している部署で必ずしも仕事ができないケースも十分考えられます。「どうしてもここで働きたい」という志望動機が強く出すぎてしまうと、評価を下げてしまうかもしれません。「できれば○○で仕事したいけれども、どこでも薬剤師の能力の発揮できるところであれば力になりたい」という感じの志望動機にしてみましょう。志望動機はほぼ確実に聞かれますので、事前の準備は欠かせません。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.