薬剤師の地方公務員の結婚事情は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の結婚事情は?

薬剤師の地方公務員の結婚事情は?

薬剤師の地方公務員は女性が活躍しやすい環境です。まだ女性に対する偏見の残っている業界も多いですが、薬剤師には女性が多く、理解ある人がいます。女性の場合、出産すると仕事を続けることが困難になり、場合によっては仕事を辞めることが多くなるものです。しかし、薬剤師は専門職であり、他に替えは効きません。一度子育てのため辞職することになったとしても、再就職は非常に有利です。薬剤師の女性にとって、結婚はそれほどハンデにはならないでしょう。

男性側の観点に立ってみると、女性の薬剤師の地方公務員と結婚するメリットは大いにあります。多くのビジネスマンは十分な収入を得られていません。それなりの収入があっても、老後まで見越して考えると不透明ですし、数年後の状況が見えない時代です。そこで薬剤師の女性は安定した収入を持っていますし、資格持ちの仕事なので、そう簡単に職を失うことはありません。また、男性の立場にとしては、子育てをしてもらえるという期待もあるでしょう。薬剤師資格を利用して、薬剤師パートに入って子育てしてもらえると考える男性は少なくありません。男性側としてはパートナーに迎えるに当たって、非常に良い条件を備えています。

その一方で、薬剤師には未婚の女性が多いというのも事実です。先述の通り、薬剤師は女性の多い環境です。そのため、必然的に男性と接する機会は減ります。男性との出会いの場が少ないため、結婚の機会を逃している人は少なくないでしょう。また、薬剤師の女性には独立の気風が強いことも、理由として挙げることが出来ます。自身で高収入を得ることが出来るので、女性はそれ以上の条件を求めることが常です。自身の仕事に対してプライドを持っていることが多いので、積極的に男性との結婚を求めないというのもあります。女性の立場として、子育てのために仕事を辞めてほしいという男性よりは、自分の仕事を認めてくれる男性の方を選ぶことでしょう。

このように、薬剤師の地方公務員となった女性が結婚相手を見つけることは難しくありません。自分に自信を持って積極的に動けば問題は無いでしょう。一方で、男性の薬剤師は他の職業と比べて大きく有利ということはありません。公務員としての安定性が武器になる、という程度でしょう。現代は未婚率の高い時代です。結婚は必ずしも必要ではなく、メリットがあるから結婚するという時代になっています。男女どちらの立場であれ、自分の人生に必要であるかを考えて、出会いを探しましょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.