薬剤師の地方公務員の生涯年収は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の生涯年収は?

薬剤師の地方公務員の生涯年収は?

薬剤師の平均年収は男性で約550万円程度、女性は約500万円程度で一般平均よりも多少高い金額で推移していますし、医療従事者でみると4番目の職業です。しかし、あくまで平均年収であって、勤務先や年齢・勤続年数など様々な条件で違いが生じるものです。その為、民間の調剤薬局や病院・ドラッグストアが良いのか、地方公務員が良いのか、収入面で判断する場合に迷うこともあります。初任給や年代別の年収を参考に検討するのもひとつの方法ですが、生涯年収という視野で検討してみるのも手段のひとつとしてあります。生涯年収という面から地方公務員の薬剤師として働くことを考えてみるのも良いでしょう。

一般的な薬剤師の年代別の年収は、20代で約440万円・30代で約500万円・40代で約600万円・50代で約650万円・60代で約600万円です。ちなみに、生涯年収は男性で2億2000万円、女性で1億8000万円と言われています。薬剤師の年代別年収を確認してみると、20代・30代といった若い年代では他の職業と比較して年収が高めになる傾向があります。しかし40代を過ぎてくると他の職業で働く同年代の人と、年収が変わらなくなってきますし、徐々に低くなってしまいます。このように他の職業と比較して給料の伸びが良くないという点があって、年齢が上がるほど年収が逆転してしまい、生涯年収で考えるとあまり変わらないか、低くなってしまうという結果になります。

一方の地方公務員の薬剤師として働く場合では、給与などに関して公務員の給与規定に準じているのですが、各自治体で違いがあるので一律には言えません。ただ一般的に初任給は約18万円程度と言われています。この金額は民間企業の初任給と比較してかなり低い金額といえますし、初任給が高いドラッグストアや給与が低いと言われる病院薬剤師と比較しても相当低い金額です。この点を考えると地方公務員の薬剤師として働くメリットを感じられませんが、地方公務員の薬剤師には定期昇給がきちんとあって、しかも年齢と共に昇給率が良くなるので、年齢が上がれば上がるほど年収がアップするのです。また、民間よりも退職金が高額に設定されていて確実に貰える保証があるので、生涯年収で考えると地方公務員の薬剤師として勤務することには大きなメリットがあると考えられます。この点をしっかりと理解して、現在の年齢における年収だけではなくて、将来的な年収も視野に入れて勤務先を検討することも大切です。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.