薬剤師の地方公務員の病院勤務は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の病院勤務は?

薬剤師の地方公務員の病院勤務は?

地方公務員の薬剤師の中には、公立病院で勤務するという方法もあります。公立病院の仕事内容は、基本的に民間病院の薬剤師の仕事内容とあまり大きな変わりはありません。調剤や病院にある薬剤の管理、治験を実施するときには治験の実践を担当するなどの業務をこなしていきます。調剤業務は、医師が処方箋を作成するのでその情報に沿って調剤をしますが、もし明らかにおかしな処方箋であれば指摘して、確認し直してもらうこともあります。医薬分業が進められているので、入院患者に対する医薬品の調剤がメインです。

病院薬剤師の重要な仕事の中の一つに、薬歴の管理業務があります。患者の中には複数の薬を服用しているケースもあります。薬の組み合わせによっては、副作用が強く出てしまうとか、お互いの薬の効能を邪魔し合ってしまう恐れもあります。このような事態が発生しないために、薬歴管理をするのが重要です。病院で処方された医薬品以外にも、ほかの病院や市販の医薬品で常用しているものがあれば、その情報も管理する必要があります。患者に対して薬を処方するときには、服薬指導も実施します。薬の飲み方や使用方法について口頭もしくは書面で、わかりやすく説明をしないといけません。

入院患者に対して治療する際、経口薬の他にも注射や点滴を使った治療を実施することもあります。このような注射液や点滴の調剤を行うのも、公立病院の薬剤師の仕事になります。公立病院では、クリーンルームと呼ばれる無菌室がありますので、その中で注射液や点滴の調剤を行います。ただし注射液や点滴の調剤は、自分で勝手に行えません。医師の処方の下で調剤をしないといけません。公立病院の中には、治験管理業務を請け負っている所もあります。薬の許可を得るために患者などに薬を実際に使用してみて、効果や副作用が現れないかどうかの確認をしていきます。

公立病院勤務になると、その時点でその薬剤師は地方公務員としての立場が保障されます。公立病院の中には、病院が実施する採用試験がありますが、地方公務員試験を受けなくても採用されます。地方公務員試験は出題範囲が非常に広く、勉強するのが大変といわれています。もし勉強せずに地方公務員の仕事を確保したいというのであれば、公立病院に就職してしまう方法があります。公立病院の求人募集は、薬剤師専門の転職エージェントなどが情報を持っていますので、転職エージェントへの登録も検討すべきです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.