薬剤師の地方公務員の将来性は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の将来性は?

薬剤師の地方公務員の将来性は?

薬剤師の中には、地方公務員試験を受けて、公務員として活動している人もいます。公務員薬剤師を目指す人の中で多いのは、将来性が高いからという理由です。公務員の場合、企業と違って、経家破綻や倒産といったことを心配する必要はありません。民間企業に就職した時と比較すると、収入は決して多くないかもしれません。しかし長く将来にわたって、安定した収入が得られるのはやはり魅力的といえます。バブル崩壊以後、不景気の状態が長く続いている環境の中で育った人は、安全や安定志向が強いといわれています。このため、公務員薬剤師の募集が出ると応募者が殺到するケースも少なくありません。

また民間の場合、いろいろな競争があります。調剤薬局にしてもドラッグストアにしても製薬会社にしても、薬剤師が多く就職する先ではライバルとの売り上げの競争があります。この競争に勝ち残っていかないと、自分の生活基盤が脅かされる可能性も出てきます。しかし公務員になってしまえば、そのような競争にさらされることも少なくなります。ポジションが安定している所も、公務員を目指す薬剤師が多い理由です。給料は民間と一緒、あるいは下かもしれません。しかし一方で、福利厚生が充実しているのは地方公務員の魅力です。福利厚生や諸手当などを加味すると、民間と比較してむしろ厚遇されているとも言えます。

公務員薬剤師は、就業当初は民間と比較すると待遇は悪い傾向があります。自分の能力に見合う給料がもらえていないと不満に感じる人もいるようです。民間に転職して、自分の能力に見合う待遇が受けられるようにしたいと思う人もいます。しかしそこで我慢をして、仕事を続けていきましょう。給料もキャリアに応じてアップしていきますし、福利厚生の恩恵を受ければ、公務員薬剤師の方が将来性もあると感じられるはずです。

地方公務員の場合、役所の部局で仕事することもあれば、保健所勤務となることもあります。また公立病院のスタッフとして仕事を任されるケースもあります。それぞれの地方自治体の意向に応じて、部署は変わります。必ずしも自分の希望する部署で仕事できないかもしれません。しかしここでも将来性のことを考えて、たとえ希望でない仕事でもコツコツとこなすことです。そのためには、自分に与えられた仕事を理解しましょう。そして仕事の中で何か目標を見つけましょう。そうすれば、仕事に対するモチベーションも保てるのではないでしょうか。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.