薬剤師の地方公務員の小論文対策は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の小論文対策は?

薬剤師の地方公務員の小論文対策は?

薬剤師の地方公務員になるためには、試験を受ける必要があります。内容は教養試験や面接試験などがあり、簡単になれるものではありません。教養については、高校程度の知識が求められ、当時苦手だった分野では相応に勉強が必要です。面接についても相応に重視されているため、対策は必要となります。自己PRや志望動機については、キチンと話せるようにしておきましょう。そうした試験の中で、小論文についてはぴんと来ない方が多いかもしれません。小論文は書く機会がないと何をやればいいのか、よく分からない分野です。

小論文を書くためにはまず、どのようなものが必要とされるのかを学ぶ必要があります。小論文は主張・理由・具体例・反論・再反論・結論が必要です。主張と結論は出された題に対して、自分がどのように考えるかで、それを論理立てるために他の要素を書くことになります。理由と具体例は、何故主張のように考えるかの説明です。具体例を書くことで、その理由が実際に必要であることを説明します。そして反論と再反論は、自分の主張に対して問題点を提示する必要があります。どのような主張であれ、問題点がないものはほぼありえません。その上で、反論に対して再反論を行い、あらためて自分の主張を説明する必要があります。こうした流れで、自分の主張と結論に妥当性があると読み手に納得してもらうのが小論文です。

そうした流れが基本になりますが、具体的な主張に対しても勉強を行う方が安心して試験に臨むことが出来るでしょう。そのための対策としては、実際に問題になりそうなことを勉強することが良いのでしょうが、そうそう時間が取れるものではありません。そこで、参考書があれば、その模範解答を読むことをお勧めします。模範解答であれば、そうした問題にどのようなものがあり、それに対する主張にどのようなものかあるのかを整理して読むことが出来ます。また、小論文の書き方に沿って書かれているので、どのような文章を書けば良いのか分かるというメリットもあります。

小論文は基本のテクニックを学んでしまえば、書くことは難しくありません。そして、そのための勉強をするのなら、まずは模範解答を読むことから始めるのが近道です。もちろん、普段から薬剤師に関わる諸問題を学ぶことは、薬剤師としてキャリアを積んでいく上で有利になります。まず大事なことは試験を通過することですが、その後も薬剤師の地方公務員として働いていくためには勉強が必要です。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.