薬剤師の地方公務員の難易度は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の難易度は?

薬剤師の地方公務員の難易度は?

薬剤師が地方公務員となるためには、公務員試験を突破する必要があります。そこで気になるのは、公務員試験の難易度ではないでしょうか?実際に地方公務員試験を受けた人の話を総合すると、決して難易度は高くはないといいます。しかしなかなか合格できない人も多いのですが、その理由は出題範囲に関係しているようです。出題範囲が非常に広く、まんべんなく勉強をするにはいくら時間があったとしても足りない分量だといいます。都道府県ごとに出題の傾向は異なるので、自分が受けようと思っている自治体の出題の傾向をしっかりと把握して、その傾向に適した勉強をしましょう。場合によっては、捨て科目を作って試験対策する必要も出てくるかもしれません。

薬剤師の筆記試験は、教養試験と専門試験に分かれます。薬剤師が公務員試験を受けたときに、専門試験はそこそこの点数を獲得するけれども教養試験で意外と取りこぼしてしまう人が多いです。実際教養試験の成績が悪くて、試験に合格できないという人も多いです。教養試験対策として、過去問のテキストがいろいろと市販されています。この問題を繰り返し解いて、出題のパターンや解答のコツを確認していきましょう。教養試験対策の時に重点を置くべきは、数的処理の分野です。都道府県によって多少変わるかもしれませんが、数的処理は教養問題の得点配分の中でも3割程度を占めるといいます。数的処理はとにかく数多く問題をこなすのが重要です。そうすれば試験当日、問題を見てどの解法パターンかというのが瞬時に見分けられます。一目見てパターンがわからない問題があれば、飛ばしてしまいましょう。数的処理の問題は、時間をかけないことが大事です。最初の内は1問10分を、慣れてくれば1問5分を目安にして解くように意識しましょう。専門試験に関しても、過去問などの問題集を使って勉強していくことです。

公務員試験は範囲が広いので、勉強量のボリュームだけで気がめいってしまう人もいます。しかし一つ一つの問題を見てみると、決してそこまで難易度の高い問題はあまり出題されていません。ですから継続してしっかりと試験勉強ができていれば、合格できる可能性も高まります。効率的に勉強したいのであれば、公務員試験の講座を開講しているスクールがありますのでそこで勉強してみましょう。出題パターンを長年研究して、効率的な試験対策法を確立しているスクールもあるので、勉強のポイントもつかみやすいです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.