薬剤師の地方公務員は忙しい?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員は忙しい?

薬剤師の地方公務員は忙しい?

地方公務員の薬剤師は、基本的に楽な仕事とは言えません。たとえば、国立病院において、調剤は薬局と連携した院外調剤という形を取るケースが多くなりますが、薬剤師が行うケースも多々あります。その際に生じる責任はとても大きなものです。また、仕事は大体立ち仕事となります。病気の人と接する機会が多いため、自身も体調の管理が求められ、とても体力を必要とする仕事です。少なくとも、楽な仕事をしたいという考え方で選ぶのなら、あまり向いていない環境といえます。

地方公務員として薬剤師になると、その仕事は多岐に渡ります。薬剤師の仕事と言えば、基本的には調剤や客への対応、在庫の確認や発注といった仕事が主となるイメージがありますが、環境衛生の調査や食品の安全検査のような仕事も珍しくありません。もちろん、勤務地に応じては調剤を行うこともあります。勤務地としては、医療機関の場合もありますが、一番多いところは保健所です。保健所では地域の衛生のチェックが主な仕事となります。地域に直接仕事で役立っているという実感もありますが、立ち入り検査などで移動も多いので、それなりに忙しい仕事です。こうした仕事もあるので、薬剤師は体力仕事と言えます。他にも県庁や消費生活センターで仕事をすることもあり、異動することも珍しくありません。

このように決して楽とは言えない仕事ですが、勤めるようになって、思ったほど給料が高くないと感じる人も少なくありません。初任給は20万円前後であり、民間の薬剤師と比べて大きく劣ります。しかし、公務員であるため定期的な昇給があり、生涯賃金で見ると決して安くはありません。福利厚生がしっかりとしていることも、公務員ならではのメリットでしょう。そして、公務員であるため、会社がつぶれて失業する心配はありません。この安定感が公務員の強みです。加えて、資格を必要とする仕事なので、体調などの都合で辞職することになったとしても、経験を持ったうえで転職も難しくありません。そこを考えると、忙しさ相応のものは得られる仕事です。

地方公務員の薬剤師は将来的に考えていくのなら、安定感のある仕事です。しかし当然、相応の忙しさはあるし、異動もあるので安易に選べる仕事ではありません。どちらかと言うと、仕事は忙しいものに分類されますし、体力も必要とします。メリットもデメリットもあるので、自分に合っているのかをしっかり検討する必要があるでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.