薬剤師の地方公務員の手当は?

薬剤師地方公務員TOP >> FAQ >> 薬剤師の地方公務員の手当は?

薬剤師の地方公務員の手当は?

薬剤師を地方公務員として採用する地方自治体もあって、薬剤師という専門資格を有効に活用して公務員として仕事に携わることもできます。一般的に公務員というと安定した職業といったイメージがあり、収入の面や福利厚生の面でも充実していると考えられています。地方公務員の薬剤師として働く場合は、給与や手当などはどのようになっているのか、参考として知っておくと役立ちます。

地方公務員の給与は、通常基本給と地域手当や住居手当などといった様々な手当全てを合わせたものになります。ちなみに地方公務員の薬剤師の基本給は、国家公務員棒給表の医療職棒給表(二)基準を参考とする所属自治体が定めた規定により決定します。その為、配属される自治体や地域によって大きな差か生じることもあります。

薬剤師の地方公務員に支給される手当ですが、代表的なものとしては扶養親族がいると支給される扶養手当、通勤距離に応じて支給される通勤手当、単身赴任すると支給される単身赴任手当などがあります。また借家に住んでいると支給される住宅手当や寒冷地域に居住する職員に支給される寒冷地手当などシンプルで内容的に納得できる理由の手当が多いです。ただ地方公務員の手当てには特徴的なものも多くあって、それが特地勤務手当やへき地手当などです。その他にも数多くの手当てが存在していますが、基本給の規定と同様に所属する自治体によって、名称や内容・金額などに違いがあるので手当についても一律ではありません。

地方公務員の薬剤師の給与内訳ですが、平均月収額が約29万〜32万円で諸手当合計額が約40,000円〜68,000円といったデータがあります。この数字からも分かるように、諸手当合計額が比較的高くて月収額の約20%を占めています。この点を考慮して地方公務員の薬剤師として勤務するのなら、どのような手当が支給されるのか、支給金額はどの程度なのかなどに関しても、注目する必要があると考えられます。また、賞与(ボーナス)も大きな手当となりますので、それに関してもチェックしておきたいものです。

独独身者で若い世代では、支給されない項目の手当ても少なくないので、手当に関して魅力を感じない方も多少います。しかし、それなりの年齢になったり家庭を持ったのすると、昇給と共に支給される手当も気になるものです。いずれにしても給与や昇給、手当などを総合的に考えると、地方公務員の薬剤師として働く魅力は大きいと言えます。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.