山梨の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 山梨の地方公務員薬剤師

山梨の地方公務員薬剤師

山梨県の抱えている問題として、地元出身の薬剤師が少ないというものがあります。山梨県の大学に薬学部がないため、外から招かないといけないためです。逆にこれは採用される側にとっては有利な条件と言えます。薬剤師が少なめなため、採用側は積極的に採用してくれる傾向があり、いわゆる売り手市場となります。また、外部から誘致しやすいように寮などの福利厚生が充実しているので、山梨県の地方公務員の試験を受けてみるのも良い判断でしょう。

山梨県の公務員は福利厚生、その中でも子育て支援が充実しています。結婚・出産の際に休暇が出るだけでなく、男性であっても育児参加のための休暇を取ることが可能です。職場には女性も多いので、そうした配慮によるものでしょう。また、育児休業も認められており、その後の復業も出来ます。子供が学校に通うまでは部分休業も認められるので、子供のいる方でも安心して仕事に入れるのが魅力です。職員寮には独身用のものだけでなく、世帯向けのものがあります。既婚者、あるいは結婚の予定がある方に対する手当が厚いので、こうした福利厚生を選択の理由にするのは悪い判断ではないでしょう。給料については地方公務員としては並みですが、首都圏と比べると住宅に関する負担がかなり小さいものとなります。結果としては出費が抑えられるため、手元に残るお金は多いでしょう。

主な業務内容は、県内の保健所に勤めて、健康環境の監視を行うことになります。3年サイクルで異動を行い、場合によっては県庁で全体の進行管理などに就くこともあるでしょう。山梨県では国公立の病院が少ないため、調剤の仕事を行う機会はあまり多くありません。しかし、調剤の経験があれば、そこで培った知識と経験を、安全管理を求められる監視業務に活かすことは出来ます。積んできたキャリアとしてアピールすることも出来るので、民間薬剤師としての経験は問題なく受け入れられるはずです。

山梨県で薬剤師の地方公務員として働く一番の魅力は福利厚生です。山梨県は積極的に外部から人が入ってきやすい環境を用意しています。薬剤師の数が不足しているので、民間の企業でも採用状況は悪くありません。子育てで仕事が困難な状況になっても復帰は容易なため、長く続けていくのに向いた環境と言えるでしょう。首都圏に向かうにもそれほど難しくない場所でもあります。将来的な暮らしのイメージを持って就職するのに向いているでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.