東京の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 東京の地方公務員薬剤師

東京の地方公務員薬剤師

薬剤師の地方公務員の求人情報は、都市部の方が多く出る傾向が見られます。実際過去に東京の薬剤師の公務員募集で20名以上の結構まとまった数の募集が行われていたこともあるからです。しかし2014年7月現在、東京都で薬剤師の地方公務員の募集は行われていないようです。ですから、しばらく様子を見て求人が出たところで応募するように心がけましょう。公務員は将来にわたって安定した生活が期待できます。景気の安定しない現代、非常に高い人気のある職場です。求人が出れば、応募者も殺到する可能性がありますので、インターネットで定期的に情報確認をしましょう。そして早めに応募するように心がけてください。

東京都の薬剤師公務員の募集が出ていなくても、もう一つ公務員として薬剤師の活躍できる方法があります。それは、公立病院のスタッフになることです。公立病院にはいれば、地方公務員と同等の扱いが受けられます。東京都で勤務するためには、公務員の就職試験を受けて合格することが条件ですが、公立病院の場合、地方公務員試験を受ける必要はありません。病院で独自に採用試験が実施されているはずですので、それを受験して合格すれば晴れて地方公務員として仕事ができます。地方公務員の試験対策をするのは、自力ではなかなか難しいです。スクールなどに通って勉強しないといけません。その手間や面倒さを考えると公立病院にはいる方法も検討する価値はあります。

東京の公立病院の求人情報を見てみると、年収は最高で600万円前後で募集されている傾向があります。これは、調剤薬局とドラッグストアと比較しても決して引けを取りません。しかし製薬会社に就職した時には、最高で年収1000万円を稼いでいる人もいるので、それと比較すると一見安い印象を受けます。しかし製薬会社の場合、倒産やリストラの可能性があります。そのように考えると、公立病院で公務員として働く安定感はやはり見逃せないでしょう。また退職金も民間と比較すると高めです。長年勤続して退職すれば、数千万円単位の退職金が出るケースもあるといいます。これも老後の生活のことを考えるとかなり魅力的ではないでしょうか?

東京の病院で公務員として働きたいのであれば、東京病院や災害医療センター、東京医療センターといった施設があります。このような公立病院で、薬剤師の求人情報が出ていないかどうかホームページなどを見て確認してみるといいでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.