四国の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 四国の地方公務員薬剤師

四国の地方公務員薬剤師

民間企業が募集をしている薬剤師求人に比べて、地方公務員薬剤師はかなり募集枠が小さい特徴があります。そのため地方公務員薬剤師として働きたいと思っていても、実際に採用される人の数は限られています。ここで注目したいのは、四国での募集です。

徳島県と香川県と愛媛県と高知県で四国は構成されており、県外へ出る場合は海を渡る必要があります。そのため県外へ出ると言っても、海を渡らず四国内なら許容範囲と考えている人もいるのです。確かに地方公務員薬剤師の枠は狭き門ですが、範囲を四国内と考えれば、それだけ枠は大きくなると言えます。

地方公務員は、各県や市町村などの自治体で募集されています。多くの人は、県職員のみと考えているのですが、各自治体も含めると求人数は意外と多いことに気づきます。そのため地方公務員の募集情報をチェックしていけば、応募するチャンスは意外と多く見つけられるものなのです。

実際に各募集を見てみると、一度に募集されているのは数名程度です。一名での募集も少なくありません。その中から自分の希望を通したいなら、まずはしっかりと情報を集めるところから始めましょう。薬剤師の国家資格を取得していることは、その人の能力がある程度保証されているとも言えます。そのため公務員採用試験では、その人の人柄など人格面が重視される傾向にあるのです。

四国で地方公務員薬剤師として働く場合は、一体どんな業務をすることになるのか。これは各自治体のホームページを見ることで調べられます。職員採用情報のページをチェックしてみると、すでに地方公務員薬剤師として働いている人が、どこへ配属されてどのような業務を行っているのかがすぐに確認できます。

たとえば愛媛県では、薬務衛生課への配属や県立中央病院薬剤部へ配属された人の記事が見つかります。ここで注目したいのは、公立病院で薬剤師として働くことも、地方公務員薬剤師としての仕事になる点です。各県職員としての募集だけではなく、公立病院が独自に募集をしていることもあるので、募集情報をチェックするなら広く見ていきましょう。

地方公務員として働く場合は、様々な部署へ配属されることになります。それだけ多くの経験を積むことができるのは、大きなメリットです。採用時の給与などで民間薬剤師のほうが人気の高い傾向にありますが、地方公務員薬剤師として働く場合のメリットについてもしっかりと考えてみましょう。長い目で見れば、どちらが勝っていると簡単に言えないものなので、自分の将来を考えてベストな選択ができるようにしてください。 ---------------------------------------------

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.