大阪の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 大阪の地方公務員薬剤師

大阪の地方公務員薬剤師

大阪府職員募集の中で、薬剤師の募集が行われることもあります。平成24年度には薬剤師の募集が行われていました。ここでは平成24年度の募集要項をベースに、どのような方法で選考が行われるのかを紹介していきます。大阪府の薬剤師試験は、2段階の選考で実施されます。1次選考では、小論文による教養考査と記述式による専門考査が実施されます。平成24年は6月24日に実施されています。通常ほかの都道府県の試験では、教養考査は択一式をとっている所が多いです。

しかし大阪府の場合、小論文形式の試験となっているのが大きな特徴です。2次選考では、個別面接と適性検査が実施されます。平成24年は7月25〜26日、7月31日に実施されています。3日間設けられていますが、このうちのいずれか1日出てきてもらって試験を受ける形になります。大阪府の薬剤師採用は、まとめて採用する傾向があります。平成24年の場合、20名程度の採用を予定しています。ほかの都道府県と比較しても、かなりの大量採用といえます。ちなみに薬学職の職員募集は、薬剤師免許を持っていなくても薬学を専修する学科を修了し、平成25年3月卒業見込みの人であっても受験は可能です。

大阪市では、平成26年度に薬剤師の募集を行っています。ちなみに平成25年度も募集を行っていますので、比較的コンスタントに薬剤師の公務員募集を出す傾向が見られます。平成26年の薬剤師募集は、昭和54年4月2日以降が誕生日の人を対象にしていて、薬剤師免許を持っているかもしくは平成27年3月に薬学部の卒業見込みがあり、平成27年春に実施される国家試験で薬剤師免許取得見込の者も対象になります。申込書は大阪市のウェブサイト上に掲載されています。もしパソコンを持っていないなどダウンロードできないのであれば、応募受付場所で配布を受ける、もしくは返信用封筒を使って請求しましょう。申し込みをする時には、卒業証明書や学業成績証明書の提出が求められます。コピーではなく、原本の提出が必須なので注意しましょう。2段階の試験が実施され、筆記試験を1次試験で、口述試験を2次試験で実施します。

このように大阪では薬剤師の地方公務員の募集も比較的積極的に行っています。大阪市の平成26年度の募集でも、10名程度の採用を予定しています。大阪市や隣接する地域に在住している人で、地方公務員として薬剤師の仕事をしてみたいと思っているのであれば、ホームページなどで最新の情報をチェックしましょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2017 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.