岡山の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 岡山の地方公務員薬剤師

岡山の地方公務員薬剤師

岡山県は地元出身の薬剤師が多い環境です。岡山県には薬学部を抱えた大学が複数あり、そこから地元に就職を決める人は少なくありません。そのせいか、収入の観点で見ると、全国レベルであっても控えめな状況というのが現状です。逆に薬剤師が多めの環境であるため、役割分担がはっきりしているという利点もあります。一人あたりの負担は小さいため、仕事の時間を多く取りたくないというのならば、一考の価値はあるでしょう。

岡山県は福利厚生に力を入れているので、業務に集中することが出来ます。独身寮や世帯用住宅の用意が各地区単位であるので、通勤時間についてはあまり気にする必要はありません。残業時間もあまり多くなく、勤務時間は週に38時間45分です。定時も17時15分なので、プライベートの時間を取ることに不自由はありません。また、他の福利厚生としては、全国にある地方職員共済組合直営の保養所や宿泊施設を、低料金で利用できます。有給休暇も含めて、休暇を取ることにそれほど問題はありません。レクリエーションもあるので、余暇の活動を楽しむことが出来ます。単純なやりがいだけで働く環境でなく、生活の保障やメンタルのある環境です。安心して働くことが出来るでしょう。

主な業務としては、環境衛生や食品衛生に関する業務になります。岡山県には5つの保健所があり、主な配属先はそこになるでしょう。場合によっては環境保健センターで勤務することになります。薬剤に関して監視指導を行ったり、普及啓発を行ったりするのが仕事内容です。中には自主的に企画を立てたりすることもあるので、自由な裁量もあります。一方で、調剤の仕事に関わることはほとんどありません。国公立の病院で働くことは少なく、薬剤の管理を行うことは少ないでしょう。過去に民間の薬剤師として働いている場合は、調剤の経験が直接的な形で役立つことは多くありません。ただし、そこで得た経験をアピールすることで知識やコミュニケーション能力を評価してもらうことにはつながるでしょう。

岡山県は県内出身の薬剤師が多いため、県外から働きに向かうという場合、あまり利点は大きくないでしょう。しかし、地元出身であるならば、自分のライフスタイルを崩すことなく、就職できるという利点があります。極端に収入が大きい訳ではありませんが、自分の生活を変えたくないという人にとっては大きなメリットです。岡山県出身であったり、岡山の薬学部で勉強したというのなら、そのまま地方公務員を目指してもよいでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.