宮城(仙台など)の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 宮城(仙台など)の地方公務員薬剤師

宮城(仙台など)の地方公務員薬剤師

宮城県で薬剤師の公務員募集が行われることもあります。ただし平成26年度分の募集を見てみると、薬剤師の募集はホームページでは明記されていませんでした。ただし2013年度には募集が出ていたので、今後薬剤師の試験が行われる可能性は十分あります。宮城県のパンフレットの中には、薬剤師の勤務場所や役割に関してこと細かく紹介されています。県職員として薬剤師には、資格を生かして幅広い業務の参加してもらいます。

まず環境生活部や保健福祉部業務課や保健福祉事務所での業務があります。こちらでは宮城県内で流通している食品の監視業務や廃棄物が発生した場合、その廃棄を定期性に処理されているかどうかのチェックも行います。また公害対策として、基準に合致しているかどうかの検査、必要に応じて規制や指導も行っていきます。さらには薬局や医薬品を取り扱っているお店の許認可業務も手掛けていきます。麻薬や覚せい剤が県内で多く出回らないようにするための取り締まりや指導も担当します。

その他には、保健環境センターに配属されて薬剤師の仕事を行うスタッフもいます。こちらでは保健や環境分野における各種検査や研究を手がけます。拓桃医療教育センターという宮城県の所有する施設があって、こちらに配属される薬剤師もいます。この施設では病院薬剤師や調剤薬局と一緒で、調剤や製剤の業務を主に担当します。このようにいろいろな配属先があって、それぞれ異なる業務を任されますので、柔軟に対応できるように心の準備をしておきましょう。

その他には宮城県では、国立病院機構という所が仙台市にあります。こちらで平成27年度の薬剤師募集の情報が出ていましたので、興味のある人は応募してみるといいでしょう。採用人数は10名程度を予定しているということです。福利厚生が充実していて、公務員宿舎の貸与が受けられるので他の地域で暮らしている人でも採用されれば、住居のことに関して心配する必要もありません。また北海道と東北管内の16病院に院内保育所を完備していて、こちらの保育所を自由に使用できます。薬剤師は女性の割合が多い職種といわれていて、ママさん薬剤師の方もいるでしょう。そのような人の中には、就職したいけれども子供を仕事中どこに預ければいいのかわからないという人も多いはずです。そのような人も保育所がありますので、そこに子供を預けて、自分は仕事に専念することも可能です。このようにいろいろな就職先がありますので、最新の情報をチェックしておくべきです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.