三重の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 三重の地方公務員薬剤師

三重の地方公務員薬剤師

三重の地方公務員薬剤師として採用されるためには、まず募集状況をチェックするところから始めてください。実際にチェックをしてみると、かなり狭き門であることがわかります。2017年2月の段階では募集が行われておらず、実際に募集が開始されても1名とか若干名での募集となっています。そのため三重の地方公務員薬剤師として採用されることは、なかなか大変な状況です。

もちろん定期的な募集以外に、不定期に募集を行っている場合もあります。何らかの理由で欠員が出ることもあるので、そのことも含めて三重県のホームページにある職員採用情報は定期的にチェックをしておくと良いでしょう。実際にメールや電話での問い合わせをすることで、より詳しく現状を知ることができます。

なかなか採用されるチャンスがない印象は強いのですが、三重「県内」の地方公務員薬剤師としてなら、話は変わってきます。公立病院や、各市町村の職員としての募集も行われているので、こちらもあわせてチェックしてみると、意外と採用されるチャンスは多いことに気づきます。

過去の募集例としては、志摩市立病院や市立四日市病院、伊賀市立上野総合市民病院で薬剤師の募集が行われています。それも数名の枠ですが、こういう情報を見逃している人は多いので気をつけてください。気づいたときには募集が終了していて、その年度のチャンスは失われてしまうことがないようにしましょう。

実際に三重の地方公務員薬剤師として働く場合の業務は、様々なものがあります。医薬品に関する業務や食品の安全確保は代表的なものです。ほかにも献血促進や薬物乱用防止、医療・健康・福祉産業の振興や、医薬品製造施設の監視業務もあります。

地方公務員の採用は、毎年数十名単位で行われています。しかしそれは様々な資格を持つ人も含めての数字です。そのため薬剤師に絞り込むと、その枠はかなり小さなものになります。採用の時期もバラバラで、県職員としての募集以外にも公立病院での募集も含めれば、その時期に統一性はありません。だからこそ広く高頻度でのチェックが必要になります。

三重の地方公務員薬剤師は、数年間の教育期間を経て様々な場所へ配属されます。本人の希望も考慮されますが、その中でいろいろな経験を積むことができます。長期的に見れば収入面でも期待できで安定性があるため、隠れた人気がある就職先です。難易度や倍率の高さ、年齢制限があることからチャンスは限られているだけに、しっかりと対策を行って臨むようにしましょう。 ---------------------------------------------

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.