京都の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 京都の地方公務員薬剤師

京都の地方公務員薬剤師

京都府の地方公務員薬剤師の求人ですが、平成28年度京都府職員(上級)採用試験の薬剤師1で若干名の求人募集がされています。ちなみに、若干名とは1名から3名程度ということです。また平成27年度京都府職員(上級)採用試験の薬剤師では5名程度の求人募集がされていますし、平成28年度京都府職員(上級)採用試験の薬剤師1では若干名の求人募集がありました。このように募集人員数は本当に少ないですが、ここ数年は毎年求人募集がされています。

京都府職員採用試験の難易度は、受験する職種で違いがありますが、薬剤師1では約9倍程度と言われています。京都府職員(上級)採用試験の薬剤師1では、受験資格として薬剤師免許を取得している方または募集年の国家試験において資格が取得見込みの方となっています。それからもうひとつ年齢要件の上限が設定されています。ただ、この年齢要件の上限が平成28年度より30歳から40歳に引き上げを実施しているので、応募できる対象者が増えるため今後難易度がアップすることも考えられます。

それから京都府職員(上級)採用試験は人物重視の試験であるという特徴があります。実は、面接に関しては1次試験でも実施しますし、2次試験終了後も行って計2回実施されますし、行政職については計3回実施しているのです。また、最終合格者の合否決定についてはリセット方式が採用されていて、1次試験の合否に係るものについては1次合格決定後リセットされて、2次試験の面接などの人物評価で最終合格者を決定しています。それから京都府職員(上級)採用試験は、筆記試験の受験者負担を軽減する目的で、分野別出題数に関しては公表しますし、専門試験については選択科目制を実施しています。それにより大学などで学んでいれば試験対策を特別しなくても受験しやすい試験になっていると言われています。京都府職員(上級)採用試験の薬剤師1は、このような感じになっていることを理解して、数少ない京都府の地方公務員薬剤師の求人ですが、挑戦してみるのも良いでしょう。また、京都府のホームページには、薬剤師の先輩職員からのメッセージが掲載されているので、今後求人募集に応募を考えている方は参考までに読んでみるのもおすすめです。

京都府内で地方公務員薬剤師を目指すのなら、その他にも京丹後市の薬剤師求人募集、市立福知山病院の薬剤師求人募集などの情報があります。どれも募集人数が若干名程度となっているので、狭き門になりますが情報を収集して検討してみるのも良いでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.