神奈川(横浜など)の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 神奈川(横浜など)の地方公務員薬剤師

神奈川(横浜など)の地方公務員薬剤師

神奈川県庁で、薬剤師の募集が行われることもあります。神奈川県で薬剤師にどのような仕事が任せられるかというと、まずは薬局や医薬品販売に関係する許認可業務や許可指導基準に関する業務を担当します。その他には冬場になるとインフルエンザの流行する恐れもありますので、インフルエンザ対策の具体的な策定を担当します。医薬品の流通を確保するための対策などを行います。その他には、薬事や毒物劇物の監視指導なども担当します。神奈川県庁で薬剤師の仕事をしている人を見てみると、神奈川県内のいろいろな事務所に派遣されていることがわかります。職場がコロコロ変わり、担当する仕事も変化する可能性は高いので、臨機応変に仕事のできる人物が求められます。神奈川県庁の薬剤師求人は、毎年出ているわけではないので最新の情報をホームページで見て確認しましょう。

横浜市役所でも、薬剤師の募集が行われることもあります。横浜市における薬剤師の仕事内容は、調剤や製薬、薬品の購入や保管といった医薬品の管理業務を担当します。また医療機関を定期的にチェックして、適切な医療サービスが行われているかどうかのチェック機能も果たします。医薬品と少し離れた業務として、食品や環境衛生に関しての検査・分析をして、より快適に日常生活を送れるにはどうすればいいかの研究活動をすることもあります。

勤務先としては、健康福祉局や横浜市内の区役所、衛生研究所などが挙げられます。横浜の薬剤師の募集は、毎年行われているわけではありません。平成23年度と25年度には実施されませんでした。平成24年度には8名の採用実績があります。もし募集が出れば、ある程度まとまった人員を採用してくれる可能性もあります。最新の募集情報を横浜市のホームページでしっかりと確認しておきましょう。

また公立の病院に就職して、地方公務員として活動する方法もあります。神奈川県の場合、横浜市戸塚区に横浜医療センターという公立病院があります。横浜医療センターでは薬剤科という診療科が設置されています。こちらで薬剤師の募集が出る可能性がありますので、ホームページで確認してみましょう。入院患者も外来患者も多く、かつ救急医療も手掛けていますので、救急患者も担ぎ込まれることが多いです。このため、調剤業務や医薬品の管理業務、製材業務、医薬品の情報管理など多岐にわたる仕事をこなしていかないといけません。横浜医療センターはチーム医療にも力を入れていて、医者や看護師などの他の職種のスタッフと緊密に連携をとる必要もあります。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.