鹿児島の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 鹿児島の地方公務員薬剤師

鹿児島の地方公務員薬剤師

鹿児島で地方公務員薬剤師になるための方法としては、鹿児島県の県職員として採用される方法のほかに、各自治体で採用される方法があります。薬剤師としての募集は常に行われているわけではありませんが、広くチェックをすることで募集情報を見つけやすくなるのです。

県職員としての採用だけを考えている人もいますが、見落としがちなのが公立病院での募集です。薬剤師公務員として採用されるためには、いろいろな方法があることを知っておきましょう。

過去の求人情報になりますが、2016年では南薩摩市立坊津病院で薬剤師が募集されていました。また鹿児島市立病院で若干名の募集が行われているなど、病院の募集は意外と見つかります。このほかにも出水総合医療センターで募集が行われていることもあるので、病院以外でも地方公務員薬剤師が働ける場所はチェックしておいて損はありません。

ちなみに知事部局に勤務する場合と県立病院などの病院局に勤務する場合とで分けて募集を行っているので、この点には注意してください。どのように採用されるのかによって、将来の動き方も変わってきます。地方公務員薬剤師になることが目的だとしても、その後のキャリアプランについても考えておきたいところです。

採用枠は決められていると言っても、退職をする人もいます。そうすると、新たに薬剤師が必要になるため、欠員を埋めるための募集が行われているのです。鹿児島で地方公務員薬剤師を募集する際は、上級試験(大学卒程度)に分類されます。これは基本的に5月頃から受付が行われるものですが、このチャンスを逃しても地方公務員薬剤師になるチャンスは完全に失われる訳ではありません。また、年齢制限はあると言っても35歳までならチャンスがあるので、それまでは非常勤で仕事をして次のチャンスを狙うこともできます。

ちなみに年齢制限については平成26年度のデータなので、今後変更されることもあります。鹿児島以外では、地方公務員薬剤師の場合は40歳まで応募可能となっているところもあるのです。実際に鹿児島でそこまで年齢枠が広げられることになるかは不明ですが、少なくとも新卒でなければチャンスがないということはないので安心してください。

鹿児島での地方公務員薬剤師の採用枠は少なく見えますが、それは一面だけを見て判断しているのかもしれません。自分がどう働きたいのか、そしてどこで働きたいのかを考えてチェックをしていけば、地方公務員として採用される道は見つかるはずです。自分の将来に関わることなのですから、よく調べて考えていきましょう。 ---------------------------------------------

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.