石川(金沢など)の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 石川(金沢など)の地方公務員薬剤師

石川(金沢など)の地方公務員薬剤師

薬剤師の中でも地方公務員として勤務をしたいと考えるのならば、薬剤師免許の取得と合わせて公務員試験を受験しクリアしなければなりません。ただ、何といっても一番重要になることは薬剤師の採用枠があるのかという点です。金沢市などを含めた石川県の地方公務員の求人募集に関しては、毎年度公務員試験が実施されて職員が採用されていますが、薬剤師と限定すると毎年度求人募集されるとは限りません。

最新の情報としては、平成28年度の石川県の薬剤師求人募集があって、採用予定数は6名となっています。また受験資格としては、昭和61年4月2日から平成4年4月1日までに生まれた人と記載されていますし、薬剤師免許を取得している人か平成28年春の国家試験で取得見込みの人となっています。この求人募集内容からも分かるように、県内で6名と募集人員が少なくて年齢制限も設定されている求人募集で、狭き門になっていると考えられます。

また、石川県の公立能登総合病院の平成27年度薬剤師求人募集というのもあって、採用人数は2名程度、受験資格は昭和54年4月2日以降に生まれた人となっています。それから平成25年度の石川県立病院薬剤師の求人募集は、採用予定人員1名で受験資格は平成25年4月1日現在で40歳以下となっています。年齢制限が設定されていないケースと年齢制限が設定されているケース様々ですが、どの求人募集も採用人数が少ないと言えます。

ただ石川県には、小松市民病院・市立輪島病院などをはじめとし、金沢医療センター・県立中央病院などもあります。その他にも各自治体の施設がありますので、細目に採用試験の情報を確認すると応募することもできます。また、地方公務員の求人募集は正社員だけでなくて非常勤職員募集も随時しているので、それらも含めてチェックしてみると良いでしょう。

石川県の薬剤師割合を地方公務員だけでなく全体的に見てみると全国平均並みで、金沢市をはじめとする都市部に集中しています。その為、都市部では薬剤師の数が潤っている傾向ですが、その他の地域が不足しているわけでもなく、全体的に薬剤師の需給バランスは安定していると言えます。また、石川県全体の薬剤師平均年収ですが、それ程高いとはいえませんが全国平均程度の年収は得られます。石川県で地方公務員の薬剤師として働くことを希望している方も、このような県全体の薬剤師事情も知っておくと参考として役立ちます。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.