兵庫(姫路など)の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 兵庫(姫路など)の地方公務員薬剤師

兵庫(姫路など)の地方公務員薬剤師

薬剤師は人材不足と言われていて、民間の調剤薬局・病院・ドラッグストアなど様々なところで求人募集がされています。ただ薬剤師が活躍する場所は、そうした民間企業だけではなく地方公務員としても働くことができます。平成28年度兵庫県職員採用試験案内においては、資格免許職として薬剤師が14名程度募集されています。職務内容としては、県立病院などで実施する調剤や薬剤管理指導をはじめとして、本庁や健康福祉事務所(保健所)などで実施する公衆衛生事業など、薬剤師としての専門知識を活かした業務です。

兵庫県職員採用試験の薬剤師の求人募集ですが、平成25年度には21名・平成26年度は27名・平成27年度には21名の合格者を出しています。また競争率に関しては、平成25年度が2.5倍・平成26年度は1.8倍・平成27年度では4.4倍と、年度によって大きく違いがありますが、比較的高い倍率になっています。ただ、平成28年度の職員試験から技術系職種・資格免許職(薬剤師を含む)の教養試験がなくなり、論文試験と専門試験の2つだけが筆記試験では実施されるようになったのです。その為に筆記試験の合格が大きくアップして合格しやくなりました。それから兵庫県職員採用試験では、合否判定を人物重視に変わったため、最終合否については筆記試験の成績に関係なく最終面接試験の結果だけで判断するようになったのです。そのことが全ての人に有利になるとは言えませんが、そのような変化があることを知っておくことも大事です。

兵庫県の地方公務員薬剤師の初任給(給料+地域手当)ですが、神戸市内に勤務する場合を例にすると約210,000円です。その初任給の金額をどのように捉えるのかは個人差があるでしょうが、その他の行政A(大卒程度)は約195,000円・行政B(高卒程度)は160,000円・資格免許職は190,000円と比較すると高く設定されていることが分かります。ただ、給与だけで兵庫県の地方公務員薬剤師が良いとは判断できない点もあるので、先輩職員の声を参考にしてみるのも良いでしょう。兵庫県のホームページには、県職員として現在勤務している若手職員が、仕事内容や現在までの経験など通して県職員の魅力を伝えるページがあります。薬剤師の項目もあるので、先輩職員の熱いメッセージをチェックしてみるのも参考として役立ちます。

それから兵庫県の地方公務員薬剤師として勤務するのは、県職員だけではなく市町の職員という選択肢もあります。受験を希望する市町がある場合には、市町のホームページで求人募集情報を確認してみると良いでしょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.