広島の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 広島の地方公務員薬剤師

広島の地方公務員薬剤師

広島県は全国トップクラスの薬局数・病院数・病床数の多さを誇っているので、薬剤師として活躍する環境が整った地域と言えます。また、一般的に都市部に集中して薬剤師求人が存在する傾向にあると言われているのですが、広島県は県庁所在地の広島市以外にも6つの都市部があるので、一極集中の傾向はなく分散して職場を探すことができます。それから薬剤師の平均年収は、全体をトータルで見ると約583万円で全国平均よりやや高めに推移しています。このような現状にある広島県ですが、地方公務員の薬剤師として勤務することを選択するとなれば、どのような状況になっているのでしょうか?

まず県職員の薬剤師として勤務するためには、一般的な職員採用試験を受けるのではなく採用選考試験を受けることになります。これは病院事業管理者となる看護師や薬剤師など特別な職種において実施されているもので、各任命権者が欠員などの状況を考慮して採用選考試験などを実施して職員を採用するものです。その為、一般的な職員採用試験と違って定められて日程で求人募集や試験が実施されるわけではないので、常に広島県のホームページなどで情報を確認する必要があります。また、病院事業局県立病院課が問合せ先になっているので、そこに試験実施の有無や職種などについて確認することになります。ちなみに平成27年度に広島県薬剤師採用試験として採用予定数3名の求人募集がありました。

一般的な広島県職員採用試験を受けることがないので関係ないですが、平成28年度より採用試験制度の内容が変更になっています。主な変更内容は、面接試験で取り入れていた集団での討論をなくして個別面接のみにすると言う点です。このことから地方公務員試験において筆記試験より面接試験に対して重視する傾向になってきていると考えられます。広島県の地方公務員薬剤師は採用選考試験などにより採用されますが、この点も意識しておく必要があります。

県職員以外にも広島県内で地方公務員薬剤師として活躍することも可能ですが、広島県内市町職員の薬剤師求人は少ないです。広島県内には、広島市・呉市・福山市などの6つの都市部をはじめとして、府中町や安芸太田町など数多くの市町があります。しかし、平成28年度の市町職員の薬剤師募集は、福山市職員募集で薬剤師が若干名求人されているだけです。その他を確認すると平成26年度に府中市民病院で若干名の薬剤師求人募集があるのと、平成27年度に広島県三次市で若干名の薬剤師求人募集がある程度です。このことから広島県の地方公務員薬剤師の求人募集は、本当に狭き門になっています。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.