群馬の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 群馬の地方公務員薬剤師

群馬の地方公務員薬剤師

群馬県で地方公務員薬剤師として働く場合は、群馬県や各市などの自治体で採用される必要があります。民間での薬剤師募集についてはかなりの数が見つかりますが、地方公務員薬剤師の場合はかなり数が少なくなっています。民間企業のように数が多いわけではなく、現在も働いている人が多数いるためです。そのため募集人数は基本的に1〜2名という場合が多くなっています。

もちろんこれにも波があるため、1〜2名の採用枠ということもあれば、10人前後の募集という時もあります。しかしチャンスが限られていることに違いはないので、地方公務員薬剤師として働きたいのであれば、しっかりと情報収集することが重要です。

例として平成28年度の群馬県職員採用選考検査を見てみると、薬剤師の募集は「1名程度」となっています。受験資格は昭和56年4月2日以降に生まれた人で、平成29年5月31日までに薬剤師免許の資格取得見込みのある人となっています。試験は第1次考査と第2次考査に分かれており、教養試験・専門試験、人物試験・論文試験となっています。

群馬県で地方公務員薬剤師として採用された場合は、様々な配属先があります。その年度の採用枠によって最初の配属先が決まっている場合は多いのですが、働き続ける中でほかにも様々な部署へ配属される可能性があります。

例えば、健康福祉部や環境森林部があり、ここでは医薬品や食品などの安全確保対策や環境保全対策のためにその知識を活用していきます。ほかにも県土整備部や企業局、病院局などに配属される場合もあります。この中でも病院局は、県立病院での服薬業務や調剤業務を行うことになります。地方公務員薬剤師の募集は、公立病院でも行われています。過去の求人例としては、公立藤岡総合病院で平成28年と平成27年でそれぞれ1名の募集がありました。

群馬県職員としての募集情報をチェックするなら、まずは群馬県のホームページをチェックしてみてください。また、実際にその内容で気になる点があれば、人事委員会事務局へ問い合わせると詳しい話を聞けます。平成28年の場合は、5月9日〜5月24日の間で募集が行われていました。ほかの地方公務員採用でも同じことは言えますが、5月からの募集と考えておくと良いです。地方公務員薬剤師は狭き門ですが、気づいたときには募集を終了していたということがないように気をつけましょう。早めの行動を心がけてください。 ---------------------------------------------

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.