福岡の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 福岡の地方公務員薬剤師

福岡の地方公務員薬剤師

福岡県では県職員として、薬剤師の採用を行っています。平成25年度の実績を見てみると、2名の薬剤師の採用をしています。2名の薬剤師の枠に対して、13名が受験していますので、6.5倍の倍率です。決して簡単な道ではないかもしれませんが、興味のある人は受験してみる価値はあります。というのも、福岡県の県職員の待遇は手厚いからです。たとえば研修制度を充実させて、ステップアップしやすい環境を整えています。大野城市に研修所を用意していて、宿泊施設も併設されているので実践的な研修を集中して受けられます。基本的な研修からより専門性の高い研修まで対応しています。福利厚生もしっかりとしていて、結婚や出産、育児のために仕事を一時休業できるのはもちろんのこと、手当金も給付されます。薬剤師の場合、女性も多いので今後結婚する予定のある人でも安心して仕事ができるでしょう。内閣府や総務省、佐賀県や長崎県、熊本県、さらには台湾といったところで派遣研修も実施しています。薬剤師としてより広い視野に立って仕事をしてみたいという人は、福岡県の県職員となってみるのもいいでしょう。

福岡市でも薬剤師の募集を行っています。平成26年度に博多区における薬務事務指導員の募集が行われています。場所は博多区保健福祉センターの健康課で仕事をしてもらいます。医薬関係の事務や衛生統計の管理、必要に応じて立ち入り検査を行い、また市民から医薬品を含めた医療面の安全相談の受付を行います。1名だけの採用で、平成26年7月以降任用になり、平成27年の3月末までの勤務になります。しかし勤務成績が良好であれば、契約期間の更新を最大で3年間行えます。このように福岡県だけでなく、福岡にある各地方自治体でも募集が行われますので、最新情報をチェックしましょう。博多区の平成26年の案件の場合、1日当たりの勤務時間は5時間半と規定されています。8時間勤務と比較するとかなりの短時間労働なので、ママさん薬剤師でも家事や育児の両立は可能ではないでしょうか?

福岡県では、公立病院で募集が出ることもあります。たとえば、福岡市立病院機構で薬剤師の募集が出ていることもあります。平成25年度に募集が出ていましたが、平成26年7月現在ではまだ募集していません。しかし今後薬剤師の募集が出てくる可能性もありますので、最新のホームページの情報も随時確認しましょう。このように福岡では、地方公務員薬剤師の募集も頻繁に出ているのでチェックしましょう。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.