秋田の地方公務員薬剤師

薬剤師地方公務員TOP >> 地域別 >> 秋田の地方公務員薬剤師

秋田の地方公務員薬剤師

秋田県は薬剤師があまり多い土地ではありません。東北地方の中では高い位置にありますが、全国平均で見ると人口に対して薬剤師が余っているとは言えない数字になります。その一方で、病院や診療所が少ない土地です。そのため、秋田県の薬剤師は大半が調剤薬局に勤めるという形になっています。パートや派遣での勤務を行うのなら、ねらい目の場所です。しかし、地方公務員として就職を探すのなら、少々骨を折ることになるでしょう。

秋田県で地方公務員の薬剤師を目指すのなら、採用の枠自体が大きくないことは理解しておく必要があります。募集はありますが、決して数が多い訳ではありませんから、採用されるためには競争力を身に着けておく必要があります。秋田県の採用試験で行われるのは適性検査・小論文・口述試験です。特に薬剤師にとって、広範な知識というものは常に問われます。医療情報は日々変化していくため、それに追いつく必要があるからです。そして、公務員の場では明確な基準として、知識量が用いられます。そこで一定の成績を修められたのなら、面接では分かりやすく自己アピールを行うことも大事です。相手に明快な説明を行う能力も、薬剤師には求められています。

秋田県の地方公務員の薬剤師は条件としては悪い部類に属します。勤務時間や休暇については大きく問題はありませんが、給料に関してはやや低めです。公務員は初任給が安くても、続けていけば昇給によって給料は上がっていきます。それでも、最初の内は報酬の面で苦労することにはなりますが、公務員であるため、職員寮を始めとして福利厚生は重質しています。そうした公務員であるゆえの安定性は魅力です。仕事は本庁や地方機関での業務になり、地域の健康に関わるものになります。体力を必要とする仕事が多いので、デスクワークや調剤に専念するといった、一般的な薬剤師の勤務イメージは持たない方が良いでしょう。

秋田県は地方公務員の条件としてはあまりよくありません。逆にパートとして働くのなら、条件を選びやすい方です。しかし、病院や診療所の数が少なく、民間企業の正社員として働くのも簡単ではないでしょう。そうした条件を鑑みると、将来を見据えて長く働いていきたいのなら、地方公務員を目指すのは選択肢の一つと言えるでしょう。採用されるのには時間がかかるので、それまでの間はパートの薬剤師として勤めて、知識と経験を積んでいくというスタイルを取ることも可能です。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細



TOP

薬剤師・地方公務員のFAQ

地域別の地方公務員・薬剤師求人


Copyright (C) 2014-2018 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.