薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】

薬剤師で地方公務員になるメリット

薬剤師の地方公務員で一番のメリットといえばその安定性です。福利厚生も充実していますし、昇給も見込めますので安心して働く事ができる分、薬剤師と公務員試験の両方をクリアしないといけないのでハードルは高いです。

リクナビ薬剤師では薬剤師の公務員の求人も扱っていますし、面接対策や履歴書作成など転職活動全般のサポートを受けられますのでオススメのサイトです。

薬剤師の地方公務員求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートという日本最大手の転職サービスが提供している薬剤師専門の転職サイトです。
・リクナビ薬剤師は、総求人数は実に35000件にも達し日本最大級です。
・キャリアコンサルタントは、履歴書の添削や面接のサポートなど多角的なサポートを実施



m3.com Pharmacist 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・m3.com Pharmacistは登録されている求人数は3万件を超える大手の薬剤師転職サイトです。
・スピーディに情報紹介してくれて、即日で平均10件程度の求人情報を紹介してくれます。
・高年収や未経験の案件、ブランク明けの人など細かなニーズに対応できます。



マイナビ薬剤師 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
登録求人数は38000件以上で数だけでなく、求人の質にこだわりを持っている。
コンサルタントは募集先を訪問しているので、詳しい情報を紹介してくれます。
業界未経験者のためのセミナーも開催していて、キャリアチェンジにも活用できます。



ヤクステ 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・公務員に限らず幅広い薬剤師転職情報を保有する人気の薬剤師転職サイト。
マーケティング担当は業界の経験者が担当、コンサルタントも業界専門のスタッフ。
・条件交渉力には定評があり、思うような転職のできる可能性は高いです。



ファルマスタッフ 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
35000人以上の薬剤師が利用している人気の転職サイトです。
公開求人だけでも44000件以上あり日本全国の求人情報を網羅しているサービスです。
・転職活動はもちろんのこと、転職した後のサポートも充実している所が人気の理由です。



薬剤師が地方公務員になるには?

薬剤師の就職先には、いくつかの選択肢があります。その中の一つに、地方公務員となるという方法があります。まず薬剤師になるためには、薬剤師の国家試験に合格する必要がありますが、加えて地方公務員となるためには、公務員試験もその後受験し合格する必要があります。公務員試験に関しては、世間一般にはその仕組みはあまり広く知られていないのではないでしょうか?公務員試験は、2つのステップが用意されていて、この両方をクリアしないと、地方公務員の薬剤師として仕事できません。その2つのステップとは、まず都道府県に人事委員会が設置している公務員試験を合格することです。そしてもう1つのステップとして、任命権者によって採用されないといけません。よく公務員試験に合格すれば採用されると思っている人も多いようですが、そうではないことを理解しておきましょう。

まずは公務員試験をクリアしないことには、就職の道は開けません。都道府県によって公務員試験の内容は若干異なりますが、ほとんどの所で2段階式の考査を採用しています。1次試験で一般的な教養や専門的知識を考査し、2次試験で論文試験や人物試験が実施される構成です。1次試験の対策をするにあたっては、まず過去問を解くべきです。どのような問題が出題されるのか、問題の傾向などを知るには重要な手掛かりになります。過去問や例題に関しては、各人事委員会のホームページで情報提供されているので、受験を検討している人はチェックしておくと良いでしょう。教養試験と専門試験は択一方式で40〜50問程度の出題です。しかし都道府県ごとに若干異なり、大阪府などは択一式の問題を教養試験では出題していません。

2次試験の人物試験とは、2種類あります。グループ討論と個別の面接です。これらの試験を通じて、住民と十分にコミュニケーションをとれるだけの社会性を持っているのか、地域の専門家として住民から厚い信頼を得られる人物かどうかを判断します。2次試験の中でも多くの都道府県が面接を重視する傾向があります。この試験に合格すると、採用候補者として名簿の中に名前が記載されます。

地方公務員として薬剤師が採用されるためには、先ほども紹介したように、任命権者による採用も必要です。知事部局などが任命権者になります。中には、その都道府県の出身者の方が有利になるという情報もありますが、基本的に試験の成績順に採用されます。ですから出身地や学歴、年齢といったものは加味されません。


Copyright (C) 2014-2016 薬剤師地方公務員ガイド【※人気の募集案件を見つけよう!】 All Rights Reserved.